勉学

スティーブ・ジョブスの遺言、最後の後悔とは

Apple創業者であるスティーブ・ジョブスは

数々のカリスマ性を示すエピソードや
伝説のスピーチというものを残してきました。

日本ではジョブスが死んでからその存在が一般にも広がっていったという印象ですが

意外にもジョブスが亡くなる直前に語られた言葉はあまり見かけないし、知らない方も多いと思います。

今回はスティーブ・ジョブスの最後の言葉をご紹介すると共に
彼の人生について考えます。

STEVE JOBS Last Words - 
スティーブジョブス最後の言葉

I reached the pinnacle of success in the business world.

In others’ eyes, my life is an epitome of success.

However, aside from work, I have little joy. 
In the end, wealth is only a fact of life that
I am accustomed to.

At this moment, lying on the sick bed and 
recalling my whole life, 
I realize that all the recognition and wealth that 
I took so much pride in, have paled and become 
meaningless in the face of impending death.

> In the darkness, I look at the green lights from 
the life supporting machines and hear the 
humming mechanical sounds, 

I can feel the breath of God and of death drawing closer…

Now I know, when we have accumulated 
sufficient wealth to last our lifetime, we should pursue 
other matters that are unrelated to wealth…

Should be something that is more important:

Perhaps relationships, perhaps art, 
perhaps a dream from younger days …   

Non-stop pursuing of wealth will only turn
a person into a twisted being, just like me.

God gave us the senses to let us feel
the love in everyone’s heart, not the illusions 
brought about by wealth.

The wealth I have won in my life I cannot bring with me.

What I can bring is only the 
memories precipitated by love.

That’s the true riches which will follow you, 
accompany you, giving you strength and light to go on.

Love can travel a thousand miles. 
Life has no limit. Go where you want to go. 

Reach the height you want to reach.
It is all in your heart and in your hands.

What is the most expensive bed in the world? – 
“Sick bed” …

You can employ someone to drive the car for you,
make money for you but you cannot have someone
to bear the sickness for you.

Material things lost can be found. 
But there is one thing that can never be
found when it is lost – “Life”.

When a person goes into the operating room, 
he will realize that there is one book that he has 
yet to finish reading – “Book of Healthy Life”.

Whichever stage in life we are at right now, 
with time, we will face the day when the 
curtain comes down.

Treasure Love for your family, 
love for your spouse, love for your friends…

Treat yourself well. Cherish others.

以下に日本語訳も掲載します。

私は、ビジネスの世界で、成功の頂点に君臨した。
他の人の目には、私の人生は、成功の典型的な縮図に見えるだろう。しかし、いま思えば仕事をのぞくと、喜びが少ない人生だった。
人生の終わりには、お金と富など、私が積み上げてきた人生の単なる事実でしかない。病気でベッドに寝ていると、人生が走馬灯のように思い出される。
私がずっとプライドを持っていたこと、認証(認められること)や富は、迫る死を目の前にして色あせていき、何も意味をなさなくなっている。
この暗闇の中で、生命維持装置のグリーンのライトが点滅するのを見つめ、機械的な音が耳に聞こえてくる。
神の息を感じる。死がだんだんと近づいている。。。。
今やっと理解したことがある。
人生において十分にやっていけるだけの富を積み上げた後は、
富とは関係のない他のことを追い求めた方が良い。
もっと大切な何か他のこと。それは、人間関係や、芸術や、または若い頃からの夢かもしれない。終わりを知らない富の追求は、人を歪ませてしまう。私のようにね。
神は、誰もの心の中に、富みによってもたらされた幻想ではなく、愛を感じさせるための「感覚」というものを与えてくださった。私が勝ち得た富は、私が死ぬ時に一緒に持っていけるものではない。
私があの世に持っていける物は、愛情にあふれた(ポジティブな)思い出だけだ。これこそが本当の豊かさであり、あなたとずっと
一緒にいてくれるもの、あなたに力をあたえてくれるもの、あなたの道を照らしてくれるものだ。
愛とは、何千マイルも超えて旅をする。人生には限界はない。行きたいところに行きなさい。望むところまで高峰を登りなさい。
全てはあなたの心の中にある、全てはあなたの手の中にあるのだから世の中で、一番犠牲を払うことになる。
 
あなたのために、ドライバーを誰か雇うこともできる。お金を作ってもらうことも出来る。けれど、あなたの代わりに病気になってくれる人は見つけることは出来ない。
物質的な物はなくなっても、また見つけられる。しかし、一つだけ、なくなってしまったら、再度見つけられない物がある。
それは人生で、つまり命のことさ。
手術室に入る、その時になって病人は「健康な生活を送る本」をまだ読み終えてないことに気付くんだ。
 
あなたの人生がどのようなステージにあったとしても、誰もが、いつか、人生の幕を閉じる日がやってくる。
あなたの家族のために愛情を大切にしてください。
あなたのパートーナーのために、あなたの友人のために。
そして自分を丁寧に扱ってあげてください。
他の人を大切にしてください。

長いので要約すると

・ビジネスでは成功を納めたがそれ以外の「喜び」は少ない人生だった。

・人々の承認や無限の富は、死を前にして何の意味も無くなっていった。

・人生で十分にやっていけるだけの富を築いたら、それ以外の別の道を模索するべきだ。

・命はいつの日か終わってしまうのだから、身近な人と自分を大切にしよう。

 

スティーブ・ジョブスのように世界中の人から賞賛され
一生では使いきれないほどの富を手にしても最後に後悔することがあったようですね。

日本には『人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり~』と
織田信長も唄った有名な一節があります。

現代は人生100年時代なんて呼ばれていますが、人生が50年から100年になろうとも人間が最後に思う感情は変わらないように思います。

それまでの人生を走馬灯のように思い出し、まるで人生が夢か幻であったかのような感覚を持つのでしょう。

ビジネスの世界での大成功を納めたジョブスの言葉だからこそ
より一層生きる意味について考えさせられます。

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら