プログラミング

おしゃれなデザインを簡単制作!WEBデザインツール『Canva』!

  • SNSのトップページに貼る画像を作りたい
  • イベントのフライヤーを作りたい
  • プレゼンにちょうど良い画像を作りたい
  • ちょっとしたバナーを作りたい

『できればデザイナーが制作したかのような!』

こんなことを考えたことがある方に必見のWEBサービスがあります。
それが、オーストラリア発のデザインツールCanva(キャンバ) です。

今回は簡単にデザイナーが作ったかのような作品を制作できる『Canva』の紹介をしていきます。

『Canva』はどんなサービス?

『Canva』は簡単に説明するとクラウド上で使える画像編集ツールです。
また、デザインの制作で使えるフォトストック素材やフォント、レイアウトなども
豊富に用意してあります。

 

まさにイベント用のポスターや、SNSのトップ画など、ちょっとしたグラフィックを作りたい時に使える便利なツールと言えるでしょう。

『Canva』は基本無料で使うことのできるWEBサービスです。

しかも、有料会員でないと使えなくなる機能はほとんどなく、無料デザインテンプレートも豊富に揃えてあります。

試しに私が作成したものが下記になります。

こちらのデザインも2分ほどで作成することができました。

私は普段AdobeのPhotoshopなども使っていますが、比べ物にならないほどに使いやすかったです。

PhotoshopにもPhotoshopにしかない良いところはありますが、
ちょっとしたバナーやポスターをデザインしたい時は『Canva』の方が圧倒的に効率よく作成できます。

こんなのも作りました

他にも遊びで制作したものを掲載しておきます。

トップ画 SNS

 

特別に技術がなくとも、このくらいの画像が5分足らずで作成できてしまいます。

『Canva』ではサービスを始めるにあたって親切なチュートリアルも設けてあるので
全くの初心者でも安心の作りになっています。

今までPhotoshopやIllustratorなどのデザインツールを使ってきた方も
デザインとか全然わからないという人も是非使ってみていただきたいサービスです。

『Auto Draw』と相性のいいサービスかも

また、Googleが4月11日にAI(人工知能)を応用した無料のオンラインお絵描きツール「AutoDraw」とも相性の良いサービスであると感じました。

AutoDraw」は、AIがあなたのイラストをデザイナー仕様に絵に変更するサービスで、
こちらもWEB上で作業ができて無料で使用することができます。

こんな感じで書いた絵がAIによって変換され

このように仕上がります。

 

『Canva』は外部から素材をアップロードすることもできるので
『Auto Draw』で作成したイラストを『Canva』に挿入しても面白いかと思います。

『Auto Draw』についての記事はこちら

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら