温泉

HSP【ヒートショックプロテイン】の魅力を語ろう

温泉

温泉

こんにちは、文学好き合気道家の

ユウヤ(@rower240)です。

サウナや温泉に入って体を温めることが健康への第一歩です!

少し前に温活という言葉が流行りましたが

継続している人はどのくらい居るでしょうか。

今回は改めて温活の重要性と

そのかなめとなるヒートショックプロテインについて書きます。

ヒートショックプロテイン概要

HSP【ヒートショックプロテイン】は、「熱」の刺激によって発生するタンパク質です。

このタンパク質は、私たちの身体を守る免疫力を飛躍的に上げてくれます。

身体の免疫力が上がることで病気になりにくい身体作りができます。 

さらに紫外線やストレスから細胞を守り、日焼けなどの炎症を抑えます。

疲労や活性酸素、老化による弱ったコラーゲンを修復して、細胞を若々しく保ちます!

世のサラリーマンの方々はサウナに通ったほうが健康に日々働けるのではないでしょうか。

ヒートショックプロテイン入浴方法!

・入浴前の水分補給  およそ200~300ml

・自分の平熱から+1.5度を目安に

 ・40~42度で20分入浴 (その日の体調に合わせて!)

・入浴後は冷やさない

 ・2〜3日に1回でOK

東京の銭湯は平均的に42度ほど。。

江戸っ子は熱い湯舟に使っていたんですね。

かくいう私も東京の銭湯には慣れてしまいました。

(最初は熱すぎて全く入れなかった笑)

私は週に3回は銭湯に行くので

常にHSPが高い状態を維持できています。

おかげさまでここ2年くらいは風邪にもかかった覚えがないですね~

疲労回復にも大変効果があるので

合気道の稽古でとても疲れた日には

その足で銭湯に向かってますね。

皆さんもぜひ銭湯ライフを始められてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら