クラウドファンディング

『フルーツリキュールフリークス』木のリキュールは美味かった!

昨年、クラウドファンディングプラットフォーム『CAMP FIRE』にて

『フルーツリキュールフリークス』という酒造ベンチャーのパトロンになりました。

その時のことについてはこちらで書いています。

先日、パトロンへのリターンとして『木のリキュール』が届きました。

お酒の美味しさもさることながら、応援していたプロジェクトの一つが終わった区切りとして記事にします。

世にも珍しい『木のリキュール』

木のリキュール

こちらがプロジェクト『酒造ベンチャーが「木のリキュール」を作ります。』のリターンでした。

左から『木のリキュール』『夏みかんチェッロ』『京都リモンチェッロ』

あとリキュールに漬けていた木が付いてました。(笑)

ちなみに私の支援額は5,000円だったのでまさか3本もお酒を頂けるとは思いませんでしたね。ありがたや。

 

リキュールがそもそもどんなお酒かと言うと

蒸留酒に果実やハーブを加えて香りを移し、さらに砂糖やシロップ、着色料などを加えたお酒です。

有名なリキュールといえばカシスオレンジなどに使われる『ルジェ・カシス』ですね。

こちらはカシスの実を砕いて砂糖と一緒にリキュールに加えて作られます。

『木のリキュール』はボタニカル(草根木皮)リキュールと呼ばれる種類のリキュールだそうです。

 

 

↑こんな感じでボトルの中にリキュールと木を入れて香りを移していくそうな。

 

なにはともあれ、『木のリキュール』を飲んでみました。

アルコール度数が30度ほどありましたが、とりあえずストレートで

口に含んだ瞬間に杉の木のいい香りが広がりました。

一緒にボトルを開けた人たちは

『ログハウスの香りがする』

『旅館にいる気分になる』と感想を述べていました。

飲んだ感覚で言うとほとんどウィスキーなのですが、ほのかに樹液の甘さというか甘みも感じました。(樹液を舐めたことはないですが)

ストレートで木の香りを楽しんだ後は炭酸水で少し割って美味しくいただきました。

一緒に届いた『夏みかんチェッロ』と『京都リモンチェッロ』も集まった人達で飲み比べをして一晩で3本とも空にしました(笑)

 

フルーツリキュールフリークスの新しいプロジェクト

黒川さんの「京都れもん」で作る「リモンチェッロ」

京都の玉露農家さんでレモンの栽培もしている黒川さん

 

『京都れもん』というブランドのレモンを栽培しています。

今回のプロジェクトではこのレモンからお酒を作るそうです。

先日頂いた『京都リモンチェッロ』(試作品?)も美味しかったので

また支援させて頂こうかと思います。

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら