文化

いまこそ個人型確定拠出年金『iDeCo』を始めよう

最近、『iDeCo』という単語がニュースや新聞などで飛び交っていますが

一体どういったものなのでしょうか。

『iDeCo』(Individual-type Defined Contribution pension plan)

読み方は『イデコ』です。日本語にすると個人型確定拠出年金になります。

簡単に言えば個人の任意で入れる年金です。

では何故最近になって注目され始めたのかを解説していきます。

 

2017年1月から加入制度が大幅に変わった

『iDeCo』は新しく始まった制度のように思えますが

個人型確定拠出年金の制度は昔からありました。

ただ加入できる人が限られていたのです。

上図のように個人型の確定拠出年金は自営業の方、もしくは企業年金制度のない企業の会社員しか加入することができませんでした。

しかし、2017年1月よりこの制度は変更され20歳〜59歳までの全ての人が加入できるようになりました。

個人型確定拠出年金「iDeCo」ポータルより

全ての現役世代の方々が加入できるように間口が広がったのです。

今までの「国民年金」や「厚生年金」などの公的年金に重ねて老後資金の積立ができるようになりました。

また毎月の掛金支払い時、運用時、受取時のそれぞれで税制優遇が受けられ税金が軽減されるメリットがあるので節税の面でも注目されています。

原則60歳になるまでは受給ができないので「動かしにくい資産」というデメリットもありますが定期預金として銀行に預けるくらいなら「iDeCo」を始めた方が節税面と運用益の面で結果的にお得になります。

運用方法も受取金額も自分で選択することができるので

公的年金よりも自分が年金を作っている感覚が持てて愛着が湧きそうです。

各金融機関によって運用商品や手数料の違いがあるので自分の考えで年金を選ぶことができます。

『iDeCo』の詳しい内容につきましてはこちらへ

個人型確定拠出年金「iDeCo」ポータル

公的年金だけでは老後が危ない?

現在の公的年金(国民年金、厚生年金)は現役世代が退職•引退された世代を支える賦課方式で運営されています。

こういったイラストを一度は見たことがあるかと思います。

国民皆年金体制が始まった1961年から現代を比べると

少子高齢化も進み随分と状況が変わってきました。

厚生労働省は年金の財政状況や見通しを平成26年度にレポートとして公開しています。

厚生労働省の公的年金財政レポート

しかし、昨年の国勢調査で日本の総人口はついに減少し始めたことが分かり日本の少子高齢化社会は予想以上のスピードで進行しています。

公的年金も破綻がささやかれて久しいですが、国も威信をかけて資金を投入するのでそう簡単には破綻しません。

ただ今後も支給開始年齢の引き上げや支給額が減ることは間違い無いでしょう。

極端な話、現代の20代30代が年金を受け取るには75歳にならなければ受け取れないということも考えられます。

国民年金や厚生年金だけでは老後破産するような時代です。

個人型の確定拠出年金の加入制度が緩和された今、多くの人が加入し

年金は自分で作るもの!という時代に移行していくのは間違いありません。

100年時代を自分でデザインしよう

現代は人間50年どころではなく、100歳まで生きても珍しくない時代です。

 

仮に100歳まで生きるとしたら必要となる老後資金も膨れ上がっていきます。

60歳以降の40年間の人生を楽しんで生きるためには、健康はもちろん資金についても考えなければなりません。

そのためには不動産のようなストック型の資産を集めるか

老年になってもできる仕事(技能)を持つか

『私』だからこそ生み出せる『価値』を見つけることです。

お金に困らずに生活するためには様々にやり方があります。

個人型確定拠出年金の『iDeCo』は人生をデザインするための一つの手段になるので、この機会に各金融機関での運用を検討してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら