プログラミング

WEBサイトを簡単に多言語化するプラグイン!『GTranslate』

こんにちは、ナカモトです。

WordPressで制作したWEBサイトを簡単に多言語化するプラグインを発見しましたので紹介します!
その名もGTranslate』!!

このプラグインのおかげで私のブログも10言語ほどに対応しました。
(本当にそんなに必要なのかは別として…)

右上に表示されている地球型のアイコンを押せば、翻訳したい言語の国旗が一覧で表示されます。
国旗をタッチでグーグルの機械翻訳によって自動変換が行われる仕組みです。

まだ怪しい翻訳もありますが、グーグル機械翻訳も精度が上がってきていますね。

今回はWordpressでの設定方法をご紹介しますが、HTMLコードでの挿入も可能です。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

公式サイトでプラグインをインストール

何はともあれ『GTrancelate』のプラグインファイルをダウンロードしてください。

wp_gtranslate.2.8.23.zip

↑2018年1月現在最新のファイルですが
必ず公式サイトにて最新ファイルを確認してダウンロードしてください。

ファイルをインストールしたらワードプレスにログインします。

wordpress login

プラグインの新規追加を選択して

alt

先ほどのプラグインファイルをインストールしましょう。

alt

 

次にプラグインを有効化させてください。

alt

プラグインの詳細設定

左側の「設定」タブから『GTranslate』の詳細設定を行えるようになっています。

alt

詳細設定ページは下図のようになっていると思います。

それでは設定していきましょう。

alt

Widget look 
こちらは翻訳ボタンの見た目を変えるところです。
変換後のボタンは右側のWidget previewにて確認できます。
ちなみに、このブログのボタンは「(new)globe」の設定です。

 

Default Language 
Webサイトの母国語を選ぶところです。
特に事情がなければJapaneseにしましょう。

 

Analytics 
サイトにGoogleアナリティクスの新しいコードがある場合。 これを有効にすると、Googleアナリティクス-Content – Event Trackingで翻訳イベントを表示できます。 注:Googleのデフォルトの翻訳方法を使用する場合は機能しません。

 

Show in menu
メニュー内のどこに翻訳ボタンを表示させるかの選択です。
しかしこの部分で翻訳ボタンを設定してしまうとメニューの見た目が
崩れてしまう恐れがあります。(このブログでは設定を「none」にしています。)

 

Show floating language selector
このブログではこちらで翻訳ボタンの設置を設定しています。
右上、左下、右下、左下と表示場所を選択することができるので、
自分のブログに会う場所を探してみて下さい。

その下の言語一覧の部分で翻訳させたい言語にチェックを入れて

一番下の「変更を保存」を押して設定を保存して下さい。

以上で設定は終了です。

ウィジェットとしても翻訳ボタンは挿入できます。

左側の『外観』タブの「ウィジェット」から設定します。

alt

『GTranslate』のウィジェットが追加できるようになっているので

サイドバーやフッターなどにも翻訳ボタンをつけることができます。

alt

英語以外の多言語化は必要になるのか

WEBサイトの制作を受託していると

「Webサイトを英語対応にしたい!」

「インバウンド需要に対応したい!」

という要望を受けることが多くあります。

日本の場合で言えば。訪日外国人が2020年には4000万人を超える見込みだということで急いで外国人向けにサービスを用意する事業者が増えた印象です。

日本政府観光局の調査によれば2017年の訪日外国人は2000万人を超えていますが、英語を母国語とする人よりも中国・韓国語を母国語としている人が半数を占めます。
日本政府観光局調査データ

日本の事業者の場合、サイトの英語対応を行うならば一括で中国・韓国・台湾語にも対応させた方が良さそうです。

世界インターネット統計 (the World Internet Statistics) によれば、英語を話すインターネットユーザーはユーザー全体の27%に過ぎないそうです。
日本語はほとんど使われていないに等しいですね。

自社のサービスや商品をを全世界を対象に広げていきたい時、今後は翻訳できる言語数にも意識を向けなければいけません。

Googleの機械翻訳は更に精度を上げていくと思われるので、自社のサービス・商品を安価でお手軽に、世界の言語で紹介するのは当たり前になっていくことでしょう。

ABOUT ME
ユウヤ
株式会社AIKIYA代表取締役 合気道2段。WEB制作、護身術指導、あとカメハメ波が撃てます。嘘です。 プロフィールはこちら